Kenshi 3日目 攻略プレイレポ




ようやくゲーム内時間5日目にして、ホーリーネイション(神聖国)「スタック」に到着。

スクインと一緒で、やっぱりこっちも検問あった。

この世界にはよほど街に入れたくない物があるんだろう。

まあ、そんなことは今はどうでも良くって、早く仲間をと思いバーへ行くも…。

なんだ、誰もいないじゃないか。
おいおい、バーといえば深夜こそが最も人の多い時間帯ではなかったのか…
いつから昼営業になったんだよ…orz

とか思って昼まで待とうとしたら、実はもう一軒あったというオチ。

そしてそちらが繁盛してた。

かわいそうw

それはそうと、残念なことに持ち合わせがないので、ここをしばらく拠点にして銅採掘に励むことにする。


新たな仲間「アイス」と「ピンス」を購入(3,000Catsと6,000Cats)した。

これでようやく4人だが、まだ4人である。

戦いをするなら数こそが偉大な暴力なのだ。

とはいえ、数が増えると食費が嵩むので、それなりの数で妥協しなくてはならないのだが。

というのもこの近辺では比較的安全に採掘できるのは、銅鉱脈1つ(定員2)と鉄鉱脈1つ(定員3)の4名分の仕事しか確保できないのである。

その点、2日目の町であった「スクイン」は銅鉱脈2つが近隣し、かつ鉄鉱脈1つがあるので、計7名までは仕事を確保できたのだが、あそこでグリーンランド人を雇用することはおそらくできない(滞在日数1日ではわからないが)。

装備も個人的にはスクインの方が上だったのでスクインに戻りたい気持ちもあるが、ここは心を鬼にして北上し、帝国領を目指したいと思う。

つまり、バッドティースからブリスターヒルに向かい、帝国領へ行くことにする予定。

というわけで、例によって鉱石詰め込んで重くした状態で行軍開始。


バッドティースに到着し、いつものノリでバーで人買いをしようと思ったのだが、なんと選択肢が出てこない。

テング様だと完全シカトなので、メンバーに行かせるとすんなり雇用契約が済んでしまう。

そうか、お前、男が嫌いなのか…。

まあ、分かる。

ホーリーネイションだもん。

というわけで、ゲーム内時間11日目にしてようやく新メンバー「バーク」が仲間入り!

…そう、これだけなんだ。

というのもバッドティースに良さげな銅鉱脈が無くって…。

とっととブリスターヒルに移動することになったのさ。

あと、もしや、と思ったが、ホーリーネイションは男女別種族別にバーが別れているっぽいね。

本気で人種差別国家だった()

やっぱり、一日も早く帝国に行こう、うん。

スポンサーリンク





スポンサーリンク