Cities プレイ日記 1期目 小さな集落




購入の経緯

Cities: Skylines(以下、Cities)がSteamでセールしてたんだ(言い訳)(2018/10/25現在)。

で、つい、買ってしまったんだ。

正確にいうと今回購入したのはDLCのMass TransitとGreen Citiesなのだが。

過去散々遊び倒そうと購入した(SimCity3000と4にはお世話になった。新SimCityも買ったが、あれはクソゲーだった)のに、重くてロクにプレイできなかったんだ。で、CPUとRAMを買い替えてみたのでリトライしてみることにした。

本体バージョン及び導入DLCは以下の通り。

  • 本体 1.11.0-f3
  • Green Cities
  • Mass Transit
  • After Dark
  • 無料DLC 3本

導入MODは以下の通り。

  • All 25 Areas purchasable
  • Japanese Localization Mod(日本語化MOD)
  • Precision Engineering
  • NoPillars
  • Automatic Bulldoze v2
  • First Person Camera
  • Move it!
  • Fine Road Anarchy

とりあずは道路敷設の支援MODがメインで、できるだけバニラの雰囲気を残してプレイする。

プレイ目標は、とりあえず既存のマップでどこまで人口密集できるか、という方向にしておくが、このゲームは重いので途中で挫折する可能性大である(笑)

小さな集落(人口380人)

新規にゲームを始めるにあたり、マップは「セブンレイクス(要Mass Transit)」にした。

単純に自分が持っているバニラマップの中で、最も建設に適したエリアの割合が高く、かつ外部からの接続が全て可となっていたため。

プレイを始めると、いきなり高速道路のみのマップに放り出される。

高速道路の脇にいきなり家が建つわけはないので、生活道路を敷設する必要があるのだが、初めてプレイだと敷設可能な道路は「2車線道路」しかない。

いや、砂利道もあるといえばあるが、農村プレイじゃないんで、あれは論外。

道路を敷設したら、次に住宅区画を設定する。

今は低密度だが、ゆくゆくは高密度にシフトしていく。

住宅の需要は高い(真下にある緑のバーが住宅の需要度)ので、区画を設定してしばらく待てばポコポコと住宅が建てられていく。

当たり前だが、住民は「電気」「水道」を要求する。次いで「下水」も要求するので、比較的すぐに、

「発電所」「汲み上げポンプ」「下水管」の設置が望まれる。

とりあえず騒音やら発生するので住宅からは少し離しておいたが、そこは結構テキトーである。

だってどうせ中盤以降に建て替えるし(苦笑)

次に住民は「働く場所」(真下にある水色のバーが商業、橙色のバーが工業需要度)を要求してくる。

よって、商業区画と工業区画を用意する。

移住してきた住民は頭がパープーなので、ほとんど工業地区に流れる。

すぐに拡張する必要が生じるだろう。

で、工業地区を設置すると当たり前だが消費電力が激増する。

最初に風力発電所を建てたのは大間違いで、石炭発電所を建設するのがベターである(苦笑)

公害?

知らんよっ!(笑)

今回は中央を住宅地区、右側を工業地区、左側を商業地区と区画分けした。

あとは需要バーに応じてそれぞれの区画を拡張していけば、そりゃああっという間に380人は超えるし、その頃には収支もプラスになる。+126₡の黒字だよ!

[NEXT] Cities プレイ日記 2期目 成長した街

スポンサーリンク





スポンサーリンク