Cities: Skylines 軽量化のための備忘録的なもの

Cities: Skylines
スポンサーリンク

軽量化との戦い

このゲーム唯一の弱点。

それは、よほどのさいつよマシーンでもない限り、オブジェクト制限に引っかかる前にゲームスピードが落ちてやる気を失くしてしまうこと。

特に、DLCやらMODやらを入れれば入れるほど顕著になるという悪魔の仕組み。

というわけで、それなりの大都市に挑むためには、軽量化との戦いは避けては通れません。

あくまで「大都市を目指す場合」は軽量化を考えなければならないということに留意。

9タイル解放した中での通常の都市開発であれば(超過密プレイとかでなければ)、私の動作環境では2倍速は厳しいまでも通常のプレイが可能。

 

で、私自身はかなり大雑把な人間なので、あまりに細かい軽量化手法は取れません(汗)

ある程度ラクチンにできる方法のみご紹介します。

 

目標

最も手っ取り早く軽量化できるのは、

  • Vehicles Active(移動中の車両)

を抑えることです。

というか、それ以外のものを抑えると、好きな都市が作れなくなりませんか…?

やっぱりゲームですから、ゲームしながらストレス溜めるって、私的には有り得ないことなので。

移動中の車両が少ないぐらいなら、ゲームしてストレス溜まるってことは無い、ですよね?

でも道路や建物の数を抑えろ(例えば建物は4×4のサイズに統一するとか)って言われたら、都市開発に支障がでるわけですから、私的にはストレス溜まるわけです、はい。

 

よって『Vehicles Activeを減らすことで軽量化に寄与する』という方針によって対策を立てます。

 

方法論

まず開発済の都市セーブデータをお持ちの市長諸君でしたら、ぜひTM:PEで「移動中の車両を除去」してみてください。

それだけで、Vehicles Activeを減らすことで、どれだけ有意にゲームスピードが上昇するか分かって頂けるかと思います。

と、このように一時的なものでよければ、TM:PE MODを導入して、強制的に除去してやれば良いのです。

が、すぐに元に戻ってしまいますので、やはり根本的な解決策が必要です。

 

条例の制定

条例の制定は、モノによっては意外と効果があります。

威力絶大なのは、

  • 昔ながらの街

です。

効果は外部からの車両乗り入れ禁止になりますので、住宅街にこれを設定しておけば、基本的に住民は公共交通機関(または徒歩、自転車)を使って通勤するしか手がなくなります。

ただ、注意点としては、これを設定する区画内にゴミ処理場を設置しないようにしましょう。

いつまで経ってもゴミ処理場から運搬車が出てきませんから。

 

次に効果があるのは、

  • 公共交通機関無料化(通勤・買い物車両の低減)
  • ペット禁止(ペットも数次第では負荷になる)
  • 自転車の歩道走行禁止(自転車も数次第では負荷になる)
  • プラスチック再利用(ごみ収集車の低減)
  • リサイクル(ごみ収集車の低減)

といったところ。

 

公共交通機関定員増加MODの活用

住民に公共交通機関の利用を条例により極限化したところで、MOD(例えばIPT2とかAVOとか)によって公共交通機関の定員を増加させるのも手です。

例えば上図のように、バスの定員を900(通常は30)名に増加させたり(爆)

 

道路アセットの活用

Vehicles Active対策ではありませんが、Parked Cars(駐車車両)を少しでも減らすに、路駐を禁止する道路アセットの利用もオススメです。

駐車車両もあまりに多いと負荷がかかりますので。

駐車禁止MOD(NoParking)もあるのですが、TM:PEとの相性が悪いようなので、道路アセットの導入による方法を今回はご紹介しました。

 

制限速度変更MODの活用

TM:PEで道路の速度制限を変更したり、AVOで車両ごとに設定されている最高速度を変更することで、Vehicles Activeを減らすことができます。

ただ、一般道に対して速度無制限とか140km/hとか設定しちゃうとゲーム性が損なわれる気がするので、私的には高速道路限定とか、ある程度の縛りをかけますが。

 

結論

上で挙げたようなことしておけば、

人口55,000人都市で、3,000車両を切るぐらいのレベルにはなり、このときで6.7ms/frame(4倍速は無理だが2倍速が有効な)程度です。

※ 速度関係はいじらずにプレイした場合なので、最高速度をいじればもう少し改善されるかと。

慎重にプレイすれば人口15万人ぐらいでも等速でのゲームは可能かなあ、といった程度。

 

余談(ゲーム性を損なって良いのであれば)

  • ごみを出さないMODを入れたり(他に警察車両とかの巡回系サービス車両)、
  • MOD(AVOなど)で貨物車両の積載量を増加させたり、
  • 郵便配達を諦めたり、

いろいろ考えられるわけですので、どこまでやるかは市長の皆様のご判断ということになります。

無論、軽量化はVehicles Activeの低減だけで成立する話でもありません(個人的にはVehicles Activeが最大要因だと思っていますが)から、他のもバランスよく減らすことで軽量化という目標を果たしても良いわけです。

何を切り捨てても自分のプレイ方針には支障や影響がないか、というわけですね。

 

 

 

そう考えるとこのゲームって結構、メタいですよね…。

税収や各種サービス利用料から得られる有限のリソースをいかに効果的に配分するかが問われる市長という立場。

CPUやGPUから得られる有限のリソースをいかに効果的に配分するかが問われるあなたという立場。

 

うん、同じだ(笑)

政治とは妥協であるとは、一体誰の言葉だったか。

タイトルとURLをコピーしました