X4: やること4 新しい船の購入

X4: Foundations
スポンサーリンク

前の記事

新しい船を購入する

ある程度の資金が貯まったら、いよいよ新しい船を購入します

船は埠頭(小型・中型)または造船所(大型以上)で購入することができ、今回は埠頭へ行きます

で、どの埠頭に行けば良いかなんですが、

有効度が-10以上ないとどうやら一般艦船ライセンスが得られないようであることと、とりあえず主人公がアルゴン人らしいので、アルゴン連邦 or アンティゴ共和国の埠頭へ行くことにしました

今回は近場である『アルゴンプライム』セクタの、アルゴン埠頭に向かいます

近場まで行くとドッキング申請ができますから、ナビゲーションの指示に従ってドッキングベイまで移動します

今回はソフトウェアが入っているので、近くまで行けば自動的に着陸してくれますね!

ドッキングベイに着いたら、結晶を売り払い、その後ドッキングインタラクション画面から『艦船の購入』ボタンをクリックして艦船を購入します

今回は採掘船です!

んで、ちょうど埠頭のある『アルゴンプライム』セクタでは、シリコン需要が発生しており、かつシリコンが掘削可能だったので、

マップ画面から画面左にある『所有資産』タブを開き、新たに購入した『ドリル(鉱物) ヴァンガード』をクリックして選択状態にした後(地図から船を直接に選択しても良い)(下左図)、同じく画面左にある『情報』タブから、『行動』タブをクリックし、基本行動に『宙域の自動採掘』を設定します

で、あとは、かなりゆっくり待った後、すこーしずつ、保管庫にシリコンが貯まっていきます…

資源を検索中?

採掘船が何をしているか気になったので、様子を見に行くことに(その間、基本的にプレイヤーは結晶掘りをして小銭を稼いでいます)

すると『資源を検索中』と出ているではありませんか…

これはあれか、もしかして、前もってセクタを探索していた方が良いのか?という疑いが生じてしまうことに…

ということで、3隻目を購入することに

  • 小型偵察機: ディスカバラー ヴァンガード
    プレイヤーが操作中
  • 中型採掘船: ドリル(鉱物) ヴァンガード
    アルゴンプライムでシリコンを採掘中
  • 小型戦闘機: エリート ヴァンガード(初期機体)
    アルゴンプライムを探索中

小型偵察機をそのまま探索任務に出せば良いのかもしれませんが、なんと、小型偵察機のトラベル速度は5,000m/s超、単純な速度も245→287m/sへとアップするということで、プレイヤーがこの小型偵察機に乗り換えるに♪

で、今までプレイヤー用の船として頑張っていたエリートヴァンガードに、AI船長を投入して、探索任務に出すことに

プレイヤー操作船の乗り換え

  • 新しい船を購入したら、転送室から新しい船(ディスカバラーヴァンガード)に移動
  • 新しい船の船長に声を掛け『他の艦船に移ってくれ』から、小型戦闘機(エリートヴァンガード)に移乗させる
  • マップ画面から、エリートヴァンガードを選択状態にした上で探索したいセクタの中央近辺で右クリックして『探索』をクリック
  • 更に『行動』タブ(上図)から、探索の半径を350kmに変更すれば、そのセクタ全体が探索範囲に収まりますので、あとは放置

あとはひたすら待つ、というか別のこと、というかプレイヤーはひたすら結晶掘りに勤しめば良いわけですね♪

ていうか、ディスカバラーヴァンガードが速いのは当たり前じゃないか

エンジンが2基もあるよ…(武器も2門ある)

調子に乗って交易船も購入してみた

ディスカバラーさんは初期機体と比べると速いので、結晶掘りがはかどった結果、交易船も購入することにしました

というよりは、採掘船の採掘スピードがあまりに遅すぎるので、これ金策に向いてないじゃん!と思ったからなんですが…

…船長の評価が星0個なのがダメなのかなぁとか思ってるので、気長に待ちます

で、肝心の交易船は、

マーキュリーヴァンガード(中型輸送船)に決定~♪

とはいえ、この船長も評価が星1.5個しかないので、自動交易ができません(星3個以上必要)

交易に慣れるためにも、しばらくは手動で交易に励みます…(結晶掘りながらだと、一気に操作量が増えたけどねorz)

やり方は、

  • マップ画面から、『販売中のウェア』と『買入中のウェア』に注目して、販売中のウェアの方が安いウェアを探す
  • 『買入中のウェア』のお目当てのウェアにマウスポインタを移動させたら、数字(買取数)が表示されるので、これを覚えておく
  • 『販売中のウェア』のお目当てのウェアを右クリックすると上図のような売買画面が表示されるので、買取数を上限に数量をいじって『確認』をクリックする
  • 『買入中のウェア』のお目当てのウェアを右クリックすると上図のような売買画面が表示されるので、限界一杯まで数量をいじって『確認』をクリックする
  • これを繰り返す

当たり前ですが、既知のセクタ、既知のステーションでしか交易はできませんから、本当は探索活動もしたいのですが、アルゴンプライムの探索を任せている機体は一向に探索が終わる気配がないので、かなり長期間かかりそう…

プレイヤーがやるには面倒過ぎるなと、ちょっと思ってます(汗)

ただでさえ手動交易で操作量が増えまくっているのに…

交易船の現船長が星3つに育つか、手に入ってからですね、考えるのは…

なお、交易命令は上図の『実行待ち命令』欄を見れば分かる通り、スタックさせることができますので、一度に複数の交易を指示することができます

とりあえず結論

採掘船(採掘)と輸送船(交易)なら、明らかに交易の方が儲かる!

ただし、船長のスキルがクソなので、現在のところは手動交易しかできない都合上、交易船を増やすつもりはない

採掘船もあまりに時間効率が悪いので、増やしたくない…

かといってこれ以上結晶掘るのはさすがに飽きた(購入した3隻分も掘ったんだよ!)

…やるか、ミッション…(超消極的)

追記: 交易と採掘どちらが儲かるか?

プレイを進めて少しだけ分かったことがありますので追記

上で交易が儲かるみたいなことを断言していましたが、実は、採掘には効率のようなものがあり、高効率のところで採掘すれば良い金策になることが判明…

  • マップ画面から既に探索済のところで赤色や紫色になっているところが、鉱物地域や鉱物/ガス地域
  • そこに船を向かわせて資源ブローブを配備する(上左図)
  • すると資源の中身が分かる(上右図)
  • 複数の場所に配備して、最も効率が良さそうなところに採掘船を向かわせて採掘させる

とすることで、そこそこ稼げることが判明orz

なぜもっと早く気づかなかったんだということで、備忘録的に残しておきます

よって、以下のように表現を訂正します

序盤オススメ金策

  • 初めて買う船(2隻目)は中型輸送船をオススメします
  • で、マップ画面とにらめっこしながら手動で交易していきましょう
  • その間に自船や3隻目は宇宙をビシバシ探索していき、鉱物地域を見つけたら資源ブローブを配備して資源量をチェックしていきましょう
  • 資源量が少なければ配備した資源ブローブを回収して、資源ブローブの有効活用をはかりましょう
  • 資源量の豊富な鉱物地域が見つかったら、採掘船を購入し、採掘させましょう

というのがオススメ金策(自動化編)!ということですね

2周目からはそうしよう

次の記事

タイトルとURLをコピーしました