Transport Fever プレイ攻略日記 4輛目 アメリカ南部線・北部線




1870年代

さらば、馬!

やっとこの時が来た。

いよいよ蒸気機関の波はクルマにも来るように!

即座に駅馬車をフランス製の蒸気式乗り合いバスに「今すぐ交換」してやった。

つか、このバスの名前、フランス語だから読めない(汗)

1870年から数年間は、このバス交換のほかにも新型列車への転換などしたせいで、新規路線を開拓することが一切できなかった…。

アメリカ北部、南部、どちらを優先して整備すべきか?

結論からいうと、北部線の開発は凍結である()

理由はいつも単純。

橋を架けるほどのカネが無い!

なんだよ、22Mって!(怒)

なお架橋に費用がかかる理由は簡単で、

勾配があるために、高度の高い橋を建設しなければならず、その結果費用が凄いことになるという理屈。

トンネル、という手も考えたが、これも高かった。

とても現在の余裕資金(約4.5M)では何ともならない…(乾笑)

よって、当面は南部路線の開発を進めることになる。

まずはじめにアトランタ~ニューオーリンズ間の線路を建設する。

建設費は5.23M…。

やっぱり橋は高いなぁ…。

まあ、現実世界なら直線距離にして約700kmなんだから、それぐらいするのは当然か(諦)

にしても高けぇなぁ(諦めが悪い)

列車再編などは随時!

南部路線の建設をしつつも、東部海岸線の輸送量拡大も同時に行わなければならない。

1876年、フィラデルフィア~ワシントン間で初となる客車7輛編成の列車の運行を開始した。

1編成あたり56名の乗客を乗せることができる!

当然、都市自体もどんどん拡張していくので、

随時バス路線の見直しも忘れてはならない。

まとめ

人口の変遷については以下のとおり。

1850年 1859年 1869年 1878年
東海岸 Boston 191 221 276 415
New York 231 372 547 718
Philadelphia 293 506 645 958
Washington 139 296 518 669
Atlanta 206 279 369 497
Miami 109 155 163 205
南部 New Orleans 183

路線もニューオーリンズ線は赤字かと思っていたが、意外とすぐに黒字化を達成した(他の鉄道路線に比べればゼロにも等しい収益だが)。

収入もとうとう年間10Mの大台に乗り、収入から運行費を除いた粗利(総利益)率は50%を超えている(嬉)

まあ、運賃効率最優先で列車を編成しているので、そうでなくては困るのだが、そろそろ浪漫に走っても良いのではないかと、ちょっと錯覚するほどの数字の良さである(大笑)

1880年代

アメリカ南部路線建設計画

資金もそれなりに集まって来たし、東部海岸線の輸送拡大も一段落着いたので、本格的に南部路線を開拓していく。

  • 1878年 ニューオーリンズ~ヒューストン線開通
  • 1878年 ヒューストン~サン・アントニオ線開通

マイアミやアトランタから写るのはヒューストンまでで、サン・アントニオは遠い彼方である。

総工費として6.68Mもかけたものの、ぶっちゃけ人口が少なすぎるので、運行する列車はD1/3+D1/3客車x3のチープな列車である。

人口発展する10~20年後に期待っ♪

  • 1880年 サン・アントニオ~アルバカーキ線開通

これで南部路線は全て開通したことに!(祝)

第三世代機関車!

弊社で利用してきた主な機関車は

第一世代 D1/3 + D1/3客車 x3 or x5

  • 最高速度 40km/h (1km運賃価格1.46K)
  • 重量 49t / 61t (3輛/5輛編成時)
  • パワー 50kW
  • 運行費 75.6K/年 / 111K/年(3輛/5輛編成時)
  • 積載人数 18名/30名(3輛/5輛編成時)

第二世代 Borsig + Bavarian car客車 x5 or x7 or x8

  • 最高速度 45km/h  (1km運賃価格1.57K)
  • 重量 75t/101t (5輛/8輛編成時)
  • パワー 90kW
  • 運行費 185K/年 / 254K/年 (5輛/8輛編成時)
  • 積載人数 40名/64名 (5輛/8輛編成時)

※ 重量は旅客積載時なので目安。

基本的に、客数(路線)によって第一世代にするか第二世代で運行するか変えている。

が、とうとう1882年、とうとう1編成64名でも輸送しきれなくなった路線が出現した(嬉)

(9輛編成以上にするとな、加速力が私の我慢の忍耐を超えるんだ…(笑))

ワシントン~フィラデルフィア~ニューヨーク線である。

よって、新たに第三世代機関車にグレードアップすることにした。

第三世代機関車 53型/Prussian G3型 + Bavarian car客車 x8

  • 最高速度 50km/h  (1km運賃価格1.68K)
  • 重量 103t
  • パワー 160kW
  • 運行費 272K/年
  • 積載人数 64名

客車が変わっていないので、あまり目新しい変化はない。

が、機関車の変更によってパワーが倍近くになったため、今後輸送量に応じてまだまだ客車を増やすことができるわけだ。

第二世代と比べてパワーはほぼ倍、運行費は微増。

運行費の微増分は、最高速度増加による運賃価格増加で相殺できてお釣りが来るほど。

これはもう、お得という他ない(嬉)

…もちろん、64名満載状態であれば、という前提条件が付くわけだが。

借金完済!

ゲーム開始から35年、1885年にしてようやく借金を全額返済できた!

…すぐに上限額一杯まで借金するんですけどね(涙)

そう!いよいよ、北部路線の開発に入っていくわけでありますっ!

列車総数はとうとう43本!

4つのバス路線を除き全て黒字!

かなり優秀な経営でありますっ!(自画自賛!)

アメリカ北部路線建設計画

  • 1885年 ボストン~バッファロー線開通

最大の懸念材料は架橋費用だったが、

建設費は削りたく、でもどうしても複線にしたかったので、やむなくトンネルを使った。

…ケチったせいで、勾配が凄い。

この路線だけは収益度外視で、いきなし第二世代機関車から投入する(D機関車だと客車3輛でも加速力が恐ろしく悪い)。

  • 1885年 バッファロー~ピッツバーグ線開通
  • 1886年 ピッツバーグ~デトロイト線開通
  • 1886年 デトロイト~シカゴ線開通

北部路線は全体的に山がちなので勾配がキツい。

とりあえず赤字にならなければ良いやーぐらいの感覚で、多少パワーのある機関車を選択する。

まとめ

1859年 1869年 1878年 1889年
東海岸 Boston 221 276 415 732
New York 372 547 718 924
Philadelphia 506 645 958 1,196
Washington 296 518 669 898
Atlanta 279 369 497 803
Miami 155 163 205 265
南部 New Orleans 183 403
Houston 305
San Antonio 228
Albuquerque 147
北部 Buffalo 160
Pittsburg 192
Detroit 221
Chicago 286

とうとうフィラデルフィアの人口が1,000人を突破した!(祝)

フィラデルフィアの街並み。

高層建築物が立ち並ぶ。

一方、ワシントンの街並み。

完全に工業都市化している(汗)

まだバスやら鉄道やらを入れていない街だとこんな感じ。

交通機関の入らない方が、景観は良いよね()

ただしこのように人口は全く増えていないようだ。

そして交通機関を入れて半世紀が経過するマイアミ。

こいつには発展する気があるのかと小一時間t(以下略)

収支に関しては順調そのもので、毎年10M以上の粗利があるので、どんどん建設費やら車輛の購入費用に充てることができている。

[3輛目へ]

[5輛目へ]

スポンサーリンク





スポンサーリンク