KSP1.6 1機目 とりあえずロケットを打ち上げる




Kerbal Space Program

宇宙計画。

KSP、それはロケットを作って飛ばして遊ぶゲーム。

本当は続きを書くべきなんだろうけれど、バージョンが1.6(プレイ開始時は1.6.1.2401)になったことから、新規で始めるのが良いかなーと思い、心機一転攻略してみることにした。

なお、開始時点ではMODを入れていないが、そのうち必要に応じて入れることにする。

ただし、ヘタレなので難易度だけは変えてプレイするね。

基本はモデレート。

で、コムネットオプションの制御信号とブラックアウトを有効にして、資源の埋蔵量や賞金等の獲得率を100%にし、減少率を最低にした。

最終目標

  1. 太陽系の全惑星(衛星除く)に人工衛星を配置する。
  2. 太陽系の全惑星(衛星除く)に開発基地を配置する。

という思いなのだが、開発基地(地上基地)についてはMOD入れないとどうしようもないレベルなので、当面の間はロケット開発に打ち込むことにする。

あと、自分的に飛行機は苦手なので、ロケットを専門にする。

飛行機はね、(自分には)マジで難しいんよ。

揚力?何それ美味しいの?という知識レベルだから…。

初めてのロケット

ゲームを開始すると、

こんな画面に放り出される。

この画面は半年前とまるで変っていないな。

とりあえず何も考えずに、ロケットを組み立ててみる。

有人ロケットなので必須となるパーツは、

  • パラシュート
  • コマンドポッド
  • 固体燃料ブースター

の3点。

あとは好みで上図はGoo格納ユニットを付けている。

これがないとサイエンスポイントの獲得が少なくなるので。

ステージの設定もしっかりやっておく。

でないと、発射と同時にパラシュートが出てくる(笑)

エンジン点火とパラシュート解放はステージを分けておかないとね。

んで最後に、ΔVツールが新たに出てきたっ!(1.6の新機能)

結構細かく確認できるみたいで何よりだ。

最も操縦の方は細かくなんて出来ないんだから、ΔVがいくら正確でも多少のマージンが絶対に必要になるんだけどな。

組立が終わって発射場に移動。

まだ研究していないようなところなら、研究機器を片っ端動作させておく(笑)

操作自体は簡単。

無事地上に戻ってきたら、最後にミッション結果という報告画面に移る。

サイエンスポイント、回収できたパーツの売却額、乗組員の獲得経験値が、それぞれ確認できる。

で、これを元手に新パーツを解放していく、というゲーム。

サイエンスポイントを獲得できるタイミングは、wiki見た方が早い(真顔)

よく分からなければ「何かが変わったタイミング」で研究するのが良い。

例えば高度(地上、空中、大気圏外とか)、例えば場所(発射場の真上、平原、海)とか、例えば星(母星、Mun)とか。

[準軌道飛行(弾道飛行)へ]

スポンサーリンク





スポンサーリンク